Justice&Jokers TOP

■「GALVA INVASION」第4ターン 全体イベントシナリオOP(前半パート)

●ガルバの館

 エーゲ海に浮かぶ風光明媚な小島に、白亜の館が起立していた。
 景色のよいリビングのソファーに腰掛けた主が、遥か南の空を見つめて呟いた。
「宇宙の帝王と呼ばれたジャッカルも、摩訶混沌の大帝王も期待外れか。様々な悪の覇者を試してきたが求める者には巡り合えず。歯牙にもかけていなかった混沌獣に足元を救われるとはな」
 静かに寄り添った美女アスールが空になったワイングラスに年代物のワインを注ぐ。
「ガルバ様の願いは我らの悲願、必ずや叶えて見せます」
 ガルバの手を愛おしそうになでる。
「そうね、ガルバ様に無礼を働いた摩訶混沌獣にはお仕置きをしないといけないわね」
 赤い豪華なドレスをまとった幼さを感じさせる巻き毛の少女?が部屋に踏みこみながら明るい声で言った。
「ロッソ‥‥?!」
 アスールが驚いたような声をあげ、ガルバから離れる。
「勝手にガルバ様に馴れ馴れしくするんじゃないわよ、泥棒猫」
 ロッソがその体に不釣り合いな巨大なボウガンをアスールに付きつける。アスールも鞭を構えて臨戦態勢をとる。
「止めぬか。ガルバ様の御前だぞ」
 静かで力強い声と共に突き出された白銀の棍が一触即発だった2人を制する。
「アーゲントも来たんだ☆」
 遊びを止められた子供の無邪気さで振りかえると、スーツに身を纏った白皙の青年アーゲントに向かって笑顔を見せる。
「ガルバ様の身辺を安んずる事が、我が使命だ」
 表情を変化させずに、アーゲントはロッソに答える。揃った3人のヴァンパイアロイヤルに向け、ガルバが告げる。
「良く集まった、我が腹心たる三鬼衆。これより、私は、我が使命を妨げ、顔に泥を塗った摩訶混沌界の輩を滅ぼす。大人しく異界に封じられておれば良いものを」
 ガルバの宣言を受け、アスール、ロッソ、アーゲントの三鬼衆は恭しく跪いて答える。
「「「御意、全てはガルバ様の為に」」」
 ガルバの命を受けた、三鬼衆はガルバの居室を離れ、各々の活動を開始した。

●摩訶混沌の城〜遺跡衛星〜

 本来の主である摩訶混沌界の後継者、大帝王ポーライがその玉座に着いた遺跡衛星には、ポーライによって新たに生み出された摩訶混沌獣が群れをなしていた。
「ガニガニであったか、よくぞ憎きブルーバーの手から生き延び雌伏に耐え、我が復活を成し遂げた。そなたには外務相の地位を与えよう。摩訶混沌界の繁栄の為に更に尽くすが良い」
 異形の摩訶混沌獣達やその数十倍に達する摩訶混沌界の戦闘員[ショワショワ]が、奇怪な歓声を上げ人ならぬ形をした手を打ち鳴らしガニガニを称賛する。
「光栄ガニ、ガニは命尽きるまでポーライ様の為に尽くすガニ」
 カニの甲羅を纏ったような姿をした摩訶混沌獣ガニガニは自らが迎えた新たな大帝王ポーライに認められ、多くの同胞に賛辞を贈られ感極まりながら熱く答えた。
「これより我らは、かつての戦士ブルーバーにより奪われた国土を回復し、あるべき姿を取り戻す為の作戦を開始する。摩訶混沌獣どもは各地で、摩訶混沌ソングを広め、人民を摩訶混沌に帰順させるのじゃ」
 ポーライの命を受け、湧き上がる摩訶混沌獣達。
「お言葉ですがポーライ様、ブルーバーの後継の銀河刑事どもが動いてるガニ。ガニも金色と赤いのにやられそうになったガニ」
 ガニガニが慌てて注進する。
「先代の100万歳の記念を邪魔し、先代を滅ぼしたブルーバーめの所属していたセントラルを許すものか。その為に、ジャッカルなる若造とも手を結んだのだ。戦士ブルーバーを送り込んだ天上界の輩ともども滅ぼしてくれる。皆の者、天上界の遺産を操る者に容赦するでないぞ」
 ポーライの異形の面相とは似つかぬ凛々しい声が摩訶混沌の城と化した遺跡衛星に響き渡る。その声に応じて、摩訶混沌獣の奇声が怒涛の如く響き渡り、ショワショワと戦闘員も唱和する。
 響き渡る声を制して、ポーライが更なる懸案事項について告げる。
「そうじゃ、裏切り者の大神官、ガルバめも見つけ次第始末せよ。摩訶混沌界に逆らう者に生きる場等ない事を、世に溢れるワイルドカードなる者どもに思い知らせるのじゃ」
 その言葉に摩訶混沌獣達は歓声を上げて応じる。
「ガニはどうすれば、良いガニか? 外務相って何をすれば良いガニ?」
 ガニガニが大帝王に尋ねる。
「外務相ガニガニは、摩訶混沌界に恭順するJokerなる者達を束ね、摩訶混沌界の為に働かせるのじゃ」
 お頭の足りぬガニガニに対して、ポーライは指示を下す。
「分かったガニ、ガニは頑張って、ジョーカーを摩訶混沌界の為に働かせるガニ」
 そう言って、ガニガニは遺跡衛星の転送機能で、他の摩訶混沌獣らと共に地上へと降りて行く。

●ELO手配の海底基地

「ぶらっどぴじょ〜ん♪ 皆のアイドルブラッドピジョンが午前0時くらいをお知らせします。くるっぽ〜」
 Jokerの有志が詰める海底基地にブラッドピジョンが飛び込んでくる。曲がりなりにも大組織ELOにおいて、首領代理代行を務めるブラッドピジョンが自ら伝令として飛び込んでくるのは、ピジョン自身の趣味という側面もあるが、ELO内に置いても集まるJokerの面々の動きを重要視している表れであろう。
「クロフクの報告では、ガルバと摩訶混沌界が一発触発の状態で、お互いに相手の尻尾を掴もうと探っているようです」
 WWCの打ち上げたアーマーシップ復活という花火によって景気づいていた、復活したアーマーシップを掠め取ろうと狙っていたJoker諸勢力は勢いを減じていたが、それを埋めるかのように摩訶混沌獣が各地で暴れまわっていた。
「摩訶混沌獣は、Jokerの皆さんのナワバリお構いなしで暴れていて非常に評判が悪いです。ガルバの方は、ヴァンパイアや他のアンデッドを使って探りを入れているだけで、目に見えた動きはありません」
 ピジョンの報告を聞いて複雑な表情を見せているのは、ガルバを敵視しつつ対セントラルという観点で摩訶混沌界に期待を抱いていたD・ヴァルキリー(ja1035)だ。
「摩訶混沌界は、威圧的な姿勢で中小のJoker勢力を配下に組み入れたりしているようですが、皆さんはどうされるおつもりですか? 摩訶混沌界に組み入れられたら、変な歌を歌わされて、ポーライの姿を拝まされるという話です」
 ピジョンの知らせに対してELOの方針を確認したのは、白面のオリヴィエ(ja0650)だった。
「ピジョンさんは、ELOはどうするの?」
 その問いに対するピジョンの答えははっきりしていた。
「私どもは、ジャッカル様のご遺命にしたがい、ガルバと摩訶混沌界には警戒し、悪の秩序実現の為に活動される皆さんに支援を行うだけです」
 分厚い鳩胸を叩いて自信ありげに答える。
「ガルバに付くか、摩訶混沌界に与するか、ELOと共に両者と独立した路線をとるか、総てと敵対するか、何れの道を選ぶかという所だな」
 WWCを立ち上げJokerの活動に波紋を投げかけたJ・J(ja1439)が分析する。Jokerは、大きな選択を迫られる。

●銀河からの来訪者

「全く、摩訶混沌獣どもが世界各地で暴れて、手が足りぬわ」
 firの差配で用意されたJusticeの情報拠点で有口優也が吠える。
「吠えて、解決する物でもないだろうに、セントラルの連中は?」
 エレン・サンダースが有口を宥めながら尋ねる。
「プライウェンはまだ動けんらしい、あれがやられれば地球に居る銀河刑事が皆活動できんようになるしな。それでも、万が一の時には動くとは言うておるが、どの程度当てにできるか」
 摩訶混沌獣と戦闘した現地Justiceが摩訶混沌獣を撃破した所、遺跡衛星が出ておらず、特殊空間の中でもない町中で摩訶混沌獣が巨大化し、急遽ギガンテスを呼び出して撃破するまでの間に街に甚大な被害が生じたという報告も入っていた。
「巨大化を阻止する方法はないのかい?」
 エレンの問いに、有口は一しきり唸った後に、重い口を開いた。
「報告例の中に、合体攻撃で倒した摩訶混沌獣が巨大化しなかったという報告があるが、1例だけじゃから確証がない話じゃ。あり得ない話ではないじゃろうが、曖昧なものに縋るわけにもいくまい」
 エレンも頷いて答える。
「巨大化に備えつつ、試してみるしかないだろうね」
 2人が会話をしている司令室に、緊急のコールサインが響いた。
「何事じゃ?!」
 通信機に叫ぶ有口の前に映し出されたのは、セントラルの銀河警視エリュトロンこと甲賀雷であった。
『甲賀です、有口翁はご無沙汰してました』
 壮年期を過ぎた年齢を感じさせぬ若々しさと健康的な笑顔を返す男は、8か月前のジャッカルとの木星での決戦の後、セントラル中枢の立て直しの為にオルニス星へと旅立った筈の彼が何故、通信できるのか?
「どういうカラクリじゃ? 亜空間ゲートがなければオルニス星との超空間通信はできん筈じゃろ」
 事情が飲み込めず、戸惑う有口に対して、甲賀は答えた。
『詳しい事情はそちらへ行って話します。対摩訶混沌界の特命を受け、セントラル太陽系方面司令として着任したので、挨拶に向かう所です。それでは後ほど』
 そこまで伝え、通信が途絶えたのを確認し、有口は唸る。
「妙な話じゃが、ここへ来れるような場所に居ると言う事か。片道半年以上は掛かる旅の筈、なぜこんなに早く地球に戻って来れたのやら」
 首をかしげる、有口の肩を叩いてエレンが言う。
「何にせよ、四面楚歌な状況で心強い話じゃないか。甲賀司令を迎える為に、主だった連中の招集をかけておかないとね」
 甲賀司令の元、対摩訶混沌界の反攻作戦が動き出す。

●NPC

・タフネスマザー/エレン・サンダース(jz0034
・有口優也(jz0035
・ブラッドピジョン(jz0036
・ララ・シュタイン(jz0037
・沢木陽蔓(jz0068
・沢木陽月(jz0089
・ガルバ(jz0090
・銀河刑事エリュトロン/甲賀雷(jz0108
・ガニガニ/鱈馬寿賄(jz0120
・アスール(jz0122
・ロッソ(jz0124
・アーゲント(jz0125

■解説

・連動シナリオ
 後半OP及びその後のリプレイに多大な影響を与えます。
・全イベチャット
 NPCのチャット登場はなんらかの意味有るものとお考え下さい。

戻る


レクシィ
 Justice&Jokers ©REXi.LLC All Rights Reserved. Access Is Permitted Only From Japan.