◆クロイツのアトリエ

 第一期生クロイツ・ポルタティフ(xa3099)の錬金工房。
 オーナーに気に入られ、空家だった建物を工房として借りている。
 特に対価を納めてはいないが、稀に錬金の成果物を使わせていることもあるようだ。
 工房は倉庫兼作業場となっており、錬金術関係の資料や素材が乱雑に積まれている。
 散らかりようは足の踏み場もない程だが、本人はどこになにが置いてあるのかしっかり把握しているらしい。
 時々あやしい煙を燻らせたり、爆発音が聞こえることもあるが、近隣住民は「いつものこと」と笑っている。トラブルは無くはないが、関係は良好なようだ。
 見学は迷惑だと口では言いつつ悪い気はしないので受け入れているが、貴重な品を持ち帰ると僻まれるので注意した方がいい。
 >コラム:家を貸した理由

Δ戻る