ゲストさん

 グラント・シュライカー校長の「撃って出る」という発言の元始まった対デュルガーの先制攻撃作戦。
 1年生へのデュルガー対策実習や様々な準備を経て前進基地となるノルンズフォートを建設。慌てたデュルガーの反撃により大 聖堂を破壊される惨劇を迎えたものの、デュルガーが侵略の拠点として利用していた妖精の里へと攻撃を開始する。
 多くの血を流しながら、デュルガーと手を結ぶダークエルフと呼ばれる者達やデュルガーを乗り越え、魔神ライネックを倒した学生達は遂に妖精の里へと辿りついた。生き残りのダークエルフは逃散しており、闇の眷属を深く知る事はできなかったが、デュルガーの前線基地を占拠し、その年の鎮魂祭は静かに迎える事ができた。流された血は決して無駄ではなかった。

◆ゲット・イニシアティヴ

ローレックに迫るデュルガーの拠点が判明した。
鎮魂の刻に向け活性化する魔の者たちに先制し、あえてこちらから──撃って出る。
厳しい戦いとなるだろう、これまでの鍛練の成果を発揮し、奮闘してもらいたい。

∇第11回リアルタイムイベント解説

∇戦装束コンテスト

∇始まりと決断

∇企画イベント

∇鎮魂祭演劇公演

事項 日程
ゲット・イニシアティヴ 9月15日〜10月7日22:00 戦コンエントリー
ビフォー部門[詳細] アフター部門[詳細] ビフォーアフター[図書室
9月16日〜22日 連動シナリオ公開(第一期)
9月22日〜24日 企画イベント1 橋頭保建造
9月24日〜10月13日26:00 連動チャットルーム公開「前線の砦」
9月25日〜9月30日 連動シナリオ公開(第二期)
10月2日〜6日 企画イベント2 砦攻防戦
10月7日〜10月11日 全イベ「ゲット・イニシアティヴ」公開 リプレイ
10月7日22:00〜10月12日12:00 戦コン投票(結果発表は10月12日) 各部門ベスト10(図書室)
10月14日〜11月1日 企画チャット「聖火の門」
10月15日20:00 戦コン優勝者インタビュー
10月22日〜11月1日2:00 鎮魂祭(ハロウィン)プレゼント交換会
10月22日〜11月1日13:00 鎮魂祭(ハロウィン)特設チャットルーム ログ
10月29日20:00〜24:00 鎮魂祭(ハロウィン)演劇公演 台本投稿


やあ諸君。一般学生Bことクルス・ガランだ。
ここでは、精霊暦1010年9月〜10月に開催された「戦装束コンテスト」、通称「戦コン」の結果発表を行うと共に、各受賞者のインタビューを掲載している。
デュルガーとの決戦を控えた学生たちの、「本気モード」な姿を競うコンテストである。いつもよりも緊張感のある雰囲気が特徴的であったな。
それでは、各受賞者のインタビューを振り返ってみよう。

◆戦装束コンテスト エントリー一覧

結果発表 ビフォー部門 アフター部門

◆ビフォー部門 優勝

レイヴン・シクルート(xa5578

イラスト:N
まずはビフォー部門優勝おめでとう!今の気持ちを聞かせてもらえるかな。
まずは投票して頂いた皆様に感謝を。鎧を評価してくれてありがとう、の気持ちです。
まさに、いざ戦場へ!という迫力ある鎧姿であるが、こだわりポイントはあるのかな?
盾の文様と、サーコートですね。サーコートはなかなか説明しづらく、大変でした。
なるほど、アフター部門でも二位になっている通り、そのサーコートがいっそう戦いの激しさを表現しているのだな。
この戦装束で戦ってみたい相手、モンスターなどはいるかな?
誰かと戦いたいというよりは、この姿で愛しのレディを守りたい、ですね。
おお‥‥確かに。戦いのための装備ではなく、守るための装備。それが鎧であるな。とても納得してしまったのである。
では最後に、レイヴン君にとっての「戦装束」とは何かを教えてもらいたい!
…「鎧」になってしまいますが、歌のように愛し、空気のように纏い、友のように同じ時間を過ごすもの、でしょうか。
ビフォー部門優勝のレイヴン君であった。おめでとう!

これから戦地へ赴く本気装備を競うビフォー部門。優勝はレイヴン君が勝ち取ったぞ。
レイヴン君といえば常に鎧を身に纏い、姿を見せない事で学園でも有名である。そんな彼の新しい鎧姿であるから、こだわりもレベルの高い仕上がりとなっているぞ。
それでは、続いてアフター部門を見てみよう。

◆アフター部門 優勝

フェス・マニキン(xa1614

イラスト:大菊 陽一
まずはアフター部門優勝おめでとう!今の気持ちを聞かせてもらえるかな。
こんなネタで優勝できるなんて思ってなかったから、ビックリしたよ。ただただ投票してくれた人と絵師さんに感謝だよ。
戦場での一コマにふさわしいいでたちであるが‥‥これは一体どういうシチュエーションなのかな?
ちょっと書かれてない部分あるけど、戦闘中に箒の使用時間切れて……サb(こほこほ)休んでるところ。
さb‥‥なるほど、戦いに休息は必要であるな。
ちなみに、フェス君が戦ってみたい相手、モンスターなどはいるかな?
……戦ってみたい相手はいるけど、ちょっと今は秘密だね。モンスターは即死するタイプだけはイヤだけど、他に好き嫌いは……恥ずかしい奴くらいかな。
ふんどr‥‥なるほど、基本は何でもかかってこいなのであるな。
では最後に、フェス君にとっての「戦装束」とは何かを教えてもらいたい!
普段着……かな?戦いなんていつ始まるかなんてわからないんだし。どんな服だって戦ってる時に着てたら戦装束になりえると思うんだよ。
実際、ビフォアーも入賞したアフターも、制服だしね。
アフター部門優勝のフェス君であった。おめでとう!なんだかあっという間に終わってしまったが、大丈夫か?

激しい戦闘でのワンシーン。その優勝は、フェス君に決定した。
皆が各々の得物を手にかっこよく戦っているさなか、ちょっと異色なこのシーン。むむ、なるほど‥‥騎箒戦術のフェス君であるから、箒の使用時間が切れてはなかなかつらいものがあるのだな。
では最後に、審査員特別賞を見てみよう。

◆審査員特別賞

マサカー・ノルン・フォール(xb2607

イラスト:大菊 陽一
まずは審査員特別賞受賞おめでとう!今の気持ちを聞かせてもらえるかな。
審査員の人と投票してくれた人にまずは感謝を!予想もしてなかったんで最初は目を疑ったよ。 今の気持ちは、今なら誰にでも少し優しくなれそうなそんな気分、かな?
(ちなみに、ケイ審査いいんちょー(?)によると、「アフター感が非常に出ておりよかった。最後までノストと迷った」だそうです)
おー…アフター感か。 自分ではなんかよく判らないけど、きっとオーラ力となって現れたんだろうな、うん
死闘、という言葉がまさに似合う姿であるが、こだわりのポイントやシチュエーションはあるのかな?
拘りのポイントはまずは雰囲気!表情と負傷のバランスとか、かな。 他には、逆手持ちとか、左手の指輪とか、髪とか…実は考えられる限り詰め込んでみたり。 シチュエーションは各自にお任せする感じで!
おや?と思ったのだが、負傷していないのは左腕。つまり、利き腕を残した形にしたのであるかな?
うむ、その通り! 利き腕をやられるのは色々とまずいんで、右腕を犠牲にして…って感じかな
さて、マサカー君が今後戦ってみたい相手、モンスターなどはいるかな?
基本的には誰の挑戦でも受ける! と言いたいけど、今だと諸事情も絡んでランドルフとは一度戦ってみたいな。 モンスターなら間違いなくフンドラゴラ[Thousand]!理由はあえて言わない。
大人気フンドラゴラ‥‥私はまだ見た事がないのだが、そこまでの強敵なのであるな‥‥楽しみである。
では最後に、マサカー君にとっての「戦装束」とは何かを教えてもらいたい!
何かって聞かれるとちょっと困るけども。 あえて言うなら格好つけても許される時、みたいな感じかなぁ…? 普段は言えない様な台詞を言ってみたりとかね。
審査員特別賞のマサカー君であった。おめでとう!

エントリーされた中から、審査員(シフールのケイちゃん?)によって選ばれた特別賞。その栄冠は、マサカー君の頭上に輝いたぞ。
アフター部門でも4位にランクインし、まさに死闘というアフター部門らしいワンシーンであるな。
さらに利き手を守る演出(?)など、実戦での状況を踏まえたリアルなものとなっているな。

◆次点入賞者コメント

ランドルフ・ランパー(xa5028 ビフォー部門同率2位・アフター部門3位
あれだけの参加人数で、二位という結果はとても嬉しい。投票してくれた皆と、絵を描いてくださった絵師さまに感謝を。今後も絵に恥じぬ活躍をするべく努力させてもらう
ロベルタ・ベルナルディア(xa5668 ビフォー部門同率2位
投票いただいた皆様、ありがとうございます。次は実際の戦列にもきちんと参加できるよう、厄払いをして参ります。

さて。戦コンの結果発表は以上だ。
様々なアイディアを考えてくれた参加者の皆と、またその期待に積極的に応えてくれたクリエーターの方々に、改めてお礼を申し上げる。
今回のデュルガーとの戦いは非常に厳しいものであったが、事前に備え、こういった戦装束として揃えた我々学生にとっては、装備では補えない内面的な安心感があったのは間違いないな。
それでは、また次回お会いしよう。